肩に凭れかかる左の耳

ほぼほぼおいたんの話

Wish you luck

啓司くん、お誕生日おめでとう。

 

夏、5年ぶりくらいに見た啓司くんは、眼鏡・チェックシャツ・リュックのオタク三点セットが嘘かのように、錚々たるブランドを身に纏い、モデルまでこなしてしまうような素敵な大人のオトコへと変貌を遂げていました。

 

個人的にはそこらの芸能人も顔負けの豪遊(?)っぷりやセドナ旅行や軽○沢のエピソードから「どうしようもないけど愛さずにはいられないオトコ」を感じ、こりゃ沼だわ…と確信しました。

 

啓司くんのすきなところはたくさんあって書ききれないんだけど、周りの人への愛に溢れてるところがいちばんすきです。

 

夜中レコーディング終わりの将吉くんにお疲れ様ですってコメントしてくれたり、レコーディング中スタジオにわざわざAMAZING COFFEE差し入れしてたり、ひとり離れてた黒澤さんをグイって体ごと引き寄せてみんなの輪に入れたり、たかひろくんスキスキ!ってしたり、なおちゃんのことたぶらかしたり。決して器用なタイプではないと思うけれど、だからこそ一生懸命に言葉を紡ぐ姿や大きな背中が時に啓司くんの気持ちを痛いくらい饒舌に語っていて、言葉で語るよりも響くことがある。

一度お仕事一緒にした人たちからもう一度ご一緒したいですって言われたりする(これ最近見かけたはずなんですけどソースが思い出せない…)っていうのもグッときました。

 

「くっついてきてください!」発言でみんなの気持ちを高めてくれるところも、キラキラ目を輝かせてヘラヘラ笑って、ねっさんをイジる悪戯っ子なところも、ぐうイケなお顔も、ニカー!って笑う時の前歯と下唇も、血管浮き出る腕も、逞しい足も、猫背だけど大きい大きい背中も、なぜかケンチさんの目を見ないけど絶対的な信頼で結ばれててバースデーハグコンビことKKも、いつもときめきをくれる啓哲も、一気に男くさくなるあきけじも、楽しそうなねすけじも、愛してやまないくろやぎも、ぜんぶ大好きです。

 

この一年もたくさん振り回されながら、一生懸命くっついていきたいと思います。

 

37歳の啓司くんがいちばん大事にしたい人と、いちばん叶えたい夢が叶えられますように。