肩に凭れかかる左の耳

ほぼほぼおいたんの話