読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩に凭れかかる左の耳

ほぼほぼおいたんの話

Wish you luck

啓司くん、お誕生日おめでとう。

 

夏、5年ぶりくらいに見た啓司くんは、眼鏡・チェックシャツ・リュックのオタク三点セットが嘘かのように、錚々たるブランドを身に纏い、モデルまでこなしてしまうような素敵な大人のオトコへと変貌を遂げていました。

 

個人的にはそこらの芸能人も顔負けの豪遊(?)っぷりやセドナ旅行や軽○沢のエピソードから「どうしようもないけど愛さずにはいられないオトコ」を感じ、こりゃ沼だわ…と確信しました。

 

啓司くんのすきなところはたくさんあって書ききれないんだけど、周りの人への愛に溢れてるところがいちばんすきです。

 

夜中レコーディング終わりの将吉くんにお疲れ様ですってコメントしてくれたり、レコーディング中スタジオにわざわざAMAZING COFFEE差し入れしてたり、ひとり離れてた黒澤さんをグイって体ごと引き寄せてみんなの輪に入れたり、たかひろくんスキスキ!ってしたり、なおちゃんのことたぶらかしたり。決して器用なタイプではないと思うけれど、だからこそ一生懸命に言葉を紡ぐ姿や大きな背中が時に啓司くんの気持ちを痛いくらい饒舌に語っていて、言葉で語るよりも響くことがある。

一度お仕事一緒にした人たちからもう一度ご一緒したいですって言われたりする(これ最近見かけたはずなんですけどソースが思い出せない…)っていうのもグッときました。

 

「くっついてきてください!」発言でみんなの気持ちを高めてくれるところも、キラキラ目を輝かせてヘラヘラ笑って、ねっさんをイジる悪戯っ子なところも、ぐうイケなお顔も、ニカー!って笑う時の前歯と下唇も、血管浮き出る腕も、逞しい足も、猫背だけど大きい大きい背中も、なぜかケンチさんの目を見ないけど絶対的な信頼で結ばれててバースデーハグコンビことKKも、いつもときめきをくれる啓哲も、一気に男くさくなるあきけじも、楽しそうなねすけじも、愛してやまないくろやぎも、ぜんぶ大好きです。

 

この一年もたくさん振り回されながら、一生懸命くっついていきたいと思います。

 

37歳の啓司くんがいちばん大事にしたい人と、いちばん叶えたい夢が叶えられますように。

THE FUTURE

 

いつかSHOKICHIくんに歌ってほしい曲を思いついたときに、思いついた分だけ。

 

今夜はブギー・バック

個人的には「これよくない?よくないこれ?よくなくなくなくなくなくない?」をSWAYに歌ってほしいので、是非コラボしてください。

 

・sugar and salt

ずっとずっと、尊敬してやまないひとの曲。オリジナルはかなり低い声で囁くように歌っていて、全編昔の彼女を思い出すというエモさと未練がましさがダダ漏れの曲なんですが、しょたんのあの声だともっと透明感がある感じになりそうなので、その違いを味わいたいです。そして、どうしようもなく切なくてエモーショナルな気持ちになりたい。個人的なイメージとしては秋から冬の人肌恋しくなる時期の歌なので、季節感的にもなんとなくしょたんっぽい印象があります。キレイめのパーカーのフードをかぶって歌ってほしいです。

 

・魔法って言っていいかな?

サビがいい~~~~~~~~~~~~!!!ここをぜひともしょたんに歌い上げてほしい、ただそれだけです。

 

That summer day

お仕事の関係でお友達が誘ってくれたお台場夢大陸に行き、クソ暑い中DMMプラネッツに2時間並び、再び灼熱の太陽の下へと戻ってきた私は、もう一度出逢ってしまいました。(2010FANTASYぶりにLDH沼へドボン!)

そこからはもうあれよあれよという間にハイロ―のLV参戦が決まり、WWW新潟初日遠征を決意して、ワクワクでしょたんのソロアルバムを買い、ありとあらゆるSNSを凝視して一挙一動に喜んだり沸いたり。結局WWWは広島とさいたま2daysにも足を運ぶことができたけど、まだまだまだまだ観たりないです。

まー堅苦しく書いてたらちょっと疲れちゃったから本音の本音を書きますね。

いやマジでしょたんの歌ハンパねぇよ!!!!

私が知ってるしょたんはEXILEで踊ってるしょたんで、しょたんはEXILEになりたかったって言ってたからすっごく嬉しいんだろうけどなんだかちょっと切なくて。けど、SECONDやソロの楽曲でめっちゃくちゃのびのび楽しそうに歌ってる姿を見て、本当に本当に嬉しかった。そしてホッとしました。この人は歌うために生まれてきたんだなって確信しました。汗をいっぱいかいて、大きいお目目をさらに大きくして、子供みたいにキラキラ輝かせて。心底楽しそうに、大きくのびやかに体を動かしてピアノを奏でて、「みなさ~ん♪」の一声で一気に会場を自分のものにしてしまったしょたん。マイクから顔を離して、ありったけの声で届かせてくれるあの一言は、さっきまであんなに盛り上がってた聴衆みんなが息をするのも忘れるくらい、じっと見つめてて。あの瞬間が毎回本当に本当に愛おしくて、この人はここに来るまでどれだけ努力を重ねてきたんだろう、きっとその努力さえも苦しんでもがきながらも楽しんできたんだろうなって思ったら涙腺が緩みっぱなしでした。

しょたん、歌うことを辞めないでいてくれて、本当にありがとう。

そんな想いを抱えながら読んだ月刊のしょたん企画(すいません、タイトル忘れました)を読んだら、「自分は進んでテレビとか出るほうじゃないしSNSも頻繁には更新しないけど、これまで通り自分の思っていること感じたことは一度自分の中に溜めてから音楽を通して皆さんに発信していきたい」という旨を話していました。これ、うれしかったなあ。けいじくんやケンチさんはたっくさんSNS更新してるの見ると、こういうのって回数が多いから良いとかじゃないし、そもそも良し悪し決められることじゃないけど、やっぱり心のどこかでいっぱい近況知れていいなぁっておもっちゃってるところがあったから、安心しました。ほんとにこの人音楽好きなんだなぁって苦しくなる。しょたんの人生ドラマチックすぎて苦しい。ていうかセカンドメンバーみんなそんな気がする。から!ぜひ!情熱大陸に出てください!!!!!!偉い人ーーーーー!!!!!見てる―――――――????ほんといつか、いつかでいいから、出てほしいなぁ。

2017年はもっともっと生でしょたんの歌を聴いて、生でSECONDのパフォーマンスを観られたらいいなぁ。

SECONDメンバーとSECONDを愛するみんなが幸せな一年になったらうれしいです。

 

2016年の年始の私に言っても絶対信じてもらえない言葉ナンバーワン

「SHOKICHIがすきすぎてしょたんって呼ぶようになってるよ」

 

みなさま、よいお年をお過ごしください。